レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能ブログ:160425


我が家は母子家庭。
10年前に離婚し、
あたくしはむすめ2人と3人で暮らしている。

上は13歳、下は10歳。
むすめたちは多感な時期を向かえている。

そんな我が家では、
1週間くらい前こんな事があった。

あたくしは家事と育児・仕事をこなす中、
いろんなストレスが溜まっていた。

むすめたちの前で自然と不機嫌になることも、
八つ当たりをしてしまうことも度々あった。

そんな時、上のむすめにこう言われた。
「ママ、何かあったんならちゃんと話して!」

いつもと違うあたくしの様子に気づいたのだろう。
あたくしは、ハッとした。

子供なんだからと思い、
両親の威厳を保つ為に、必死で弱みを見せないようにしてきた。
それが当たり前だと思っていた。

でも、むすめの感覚は違っていた。
「しんどいことは3人で分ければ少なくなるし、
嬉しいことは3人で3倍にできると思うよ」

こんな事言われるなんて、思ってもなかった。

「両親」と「子供」、
確かに線を引く所は引かないといけないと思う。

でも、一人の人間として対等に接する時は
接しなければいけないんじゃないかと気づかされた。

両親だって辛い事はあるし、しんどい事も…
それを旦那が居ない分、
むすめが支えてくれようとしているのだと分かった時、涙が出た。

「両親の背中を見て子供は育つ」
とは、こういう事なのかなって。

「話しても理解できないはず」じゃなくて、
「まずは、話して見ないと!」と思い、
これからは3人で、3人の家族のスタイルを作って行こうと思った。

今では、24時間の出来事を互いに話し、家族の絆を深めている。
時には喧嘩もあるけど…

子供なりの、子供だからこそのアドバイス、
「痛いところをつくなぁ〜」と内心思いつつ、
でも確実にあたくしの宝物のような時間になっている。


藤丸敏
http://seikei-kyusyu.com/12-1118-f1.htm


ドライアイとレーシックの関連性 レーシックの前には適性検査 レーシックで乱視の治療も可能 保証制度の有無を確認しよう